韓国旅行 ビジット釜山パス

韓国旅行 観光スポット
本ページにはプロモーションが含まれています。

釜山の有名な観光地が無料で楽しめるビジット釜山パスを使ってお得に釜山を楽しみました。ディスカバーソウルパスと同じように無料の観光地や割引施設がいっぱいのビジット釜山パスを使ってどんなことができるかご紹介します。

ビジット釜山パスは4タイプ

ビジット釜山パスは24時間、48時間のタイプでカードタイプとモバイルタイプが選べます。そして、180日間で施設を3つ選択して利用するBIG3と5つ選択して利用するBIG5の4種類。

ディスカバーソウルパスの失敗を生かして今回はしっかり使えるだろう24時間のタイプにしました。日本でTrip.comで予約購入、釜山の金海空港国際線観光案内所で受け取りました。釜山駅などでも受け取れます。

ビジット釜山パスにはモバイル型もありますが、今回はカード型にしました。電波が悪いとか携帯の調子やeSIMがうまく機能しなかったなんてことがあってもカード型だったら大丈夫かなというのと、記念になるのでカード型にしました。

海雲台海岸列車

今回は釜山旅行2日目海雲台周辺でビジット釜山パスを使用するつもりで購入しました。まずブルーラインパークの海辺列車に乗りました。ビジット釜山パスで往復乗れるのですが、行きはスカイカプセルに乗車したので帰りに利用しました。座席が海が見える方に向けて設置してあって、綺麗な海の景色を見ながら乗車します。

*ビジット釜山パスを利用しない通常料金は1回乗車7000ウォン、2回乗車(往復又は途中で1回乗り降り)10000ウォンです。

釜山Xザスカイ

二つ目はランチの後のエックスザスカイ。海雲台にある韓国で2番目に高い展望台です。1階のチケット売り場でビジット釜山パスを提示してチケットを受け取ります。世界で一番高いところにあるスタバでカフェラテをいただきました。

*ビジット釜山パスを使用しない通常料金は27000ウォンです。

ヨットホリック ナイトクルーズ

最後にビジット釜山パスを使ったのは、ヨットホリックのナイトクルーズです。こちらはビジット釜山の公式HPからヨットホリックのInstagramに行き、DMでビジット釜山パスを利用してナイトクルーズを予約をしたい希望のメッセージを送りました。念のためpapagoで翻訳して韓国語でDMしましだが、返ってきたメッセージが英文で笑えました。英語も苦手なので、こちらも翻訳してやりとりしました。

ヨットのナイトクルーズは日中のコースよりプラス5000ウォンでしたが、海雲台から広安里までの夜景はキラキラ美しく、一緒に出発した10艘ほどのヨットがあちこちで花火をあげてとても綺麗でした。プラス5000ウォンの価値はありましたよ。

*ビジット釜山パスを使わない時の通常料金は45000ウォンでした。(時期によって変動があるようです。)

まとめ

釜山タワー、釜山シティツアー、ホテルアクアパレスのスパ&サウナ、アホプ山の森、新世界スパランド、韓服レンタル、ロッテワールドアドベンチャー、松島海上ケーブルカーなどは利用してみたい施設です。

割引のお店の欄にはオリーブヤングも載っていてお買い物にも利用できそうでした。

どちらのパスも無料施設を3カ所利用すればお得になるようです。ビジット釜山パスもディスカバーソウルパスと同じように、計画を立ててお得に利用して楽しい旅にしてくださいね。お得なビジット釜山パスは旅行をもっと簡単に【Trip.com】 で予約購入できます。

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました